DLR・NZ・中欧・WDW旅行記

カリフォルニアのディズニーランド・リゾート、ニュージーランドに行ってきたSHOKOが春休みに中欧(ハンガリー、チェコ、スロバキア、オーストリア)、WDWに行きます!それまでの計画の独り言とか旅行記とかをお楽しみください♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず、私とゆーちゃんは、中欧に行く予定はなかったので、驚きです
ドイ○に行きたくって卒業旅行プランを探していました

1月の中ごろ、旅行代理店である程度下調べをしておいて、具体的にあいているか
ドイ○のプランをしらべてもらいました。でも、そのプランだと2月の2週目くらいに出発。
調べてもらった日から一ヶ月前をきっているということで、
ホテルとか飛行機とかを調べてみないと行けるか分からない・・・ということでした。
催行は決定しているのですが、手配の都合で一回締め切った感じでして。
でも、もし行きたいなら頼んで、飛行機・ホテルが取れれば参加できるのです。
ただ、ヨーロッパとの交信なので、あいているか分かるのが、1週間かかると言われ・・・
どうしようか~?と悩んだんです。

で、ミスター○ーナッツで旅行のチラシをパラパラ見ていたら・・・
「オーストリアとか、チェコとかいいねぇ
「じゃあ、そっちで!」(笑)

さんざん「ドイ○~」って言ってたのにねぇ
ドイ○は、また行きたくなりそうだなって思ったのですよ!シンデレラ城は見たいし!
でも、中欧に興味が沸いたのは、今かなって
翌日、旅行代理店に電話をしたところ、中欧のプラン・・・一つだけとれそう

急いで、ゆーちゃんに連絡~「2月の後半なんだけど・・・」
(ゆーちゃんの事情で2月の前半に行きたかったのですが、
ゆーちゃんに無理を言って、後半だけど予約することに

ドイ○について教えてくださった方が言うには、ヨーロッパは1ヶ月前あたりに
予約を一時とめるそうなのです。だから、その日決めないと・・・
と少し焦って決めた気もするけれど、でも、旅行ブログを見たら、より行きたくなった

ツアーなのですが、ウィーンとプラハでフリータイムがたっぷりあるので、
いろいろ調べていきたいと思いますっ
スポンサーサイト
ニュージーランドに行こうと思ったきっかけは、父が持って帰った
旅行用のパンフレットを見たことです
そのパンフレットの景色がとっても美しくて、父母と3人で行くことにしました

<2007年8月18日>
18:15 成田を出発飛行機はニュージーランド航空です
ニュージーランド航空

所要時間は11時間30分。たっぷり時間がありました
映画を見たり寝たりして過ごしました

機内食はこんな感じ~
機内食1

機内食2


朝日もバッチリ見ましたよきれいだった~~
朝日


<8月19日>
8:45 ニュージーランドの南島にある<クライストチャーチ着きました。
素敵なガイドさんと一緒にバスでクライストチャーチ市内観光をします
クライストチャーチはガーデニングシティと言われているように、素敵な庭が多く見えました

まずは、モナベールに行きます。(30分)
モナベール入り口

昔、あるお嬢様が住んでいた庭園。広くて素敵な場所でした
エイボン川が流れているんです

モナベールの風景
(←クリック拡大)


それから、バスの中で追憶の橋を見てから大聖堂広場
大聖堂
大聖堂前で記念写真を撮ってもらいました

トラムという路面電車に乗ります!トラム

写真を撮りそびれちゃったので、小さめの写真で分かりにくくてスミマセン
トラムに乗って、アートセンターなどを見ました

また大聖堂広場に戻って、免税店に案内していただいて、30分ほど自由行動に。
大聖堂の頂上を目指すこともできたのですが、中に入るだけにしました
(頂上に行くには有料です階段がけっこうあるそうです)
ステンドグラスがきれいでした~~
大聖堂の中

内部


そして、再び集まってから、バスでホテルへ
ホテルの中はこんな感じでした
1泊目のホテル♪


その後は夕食の7時まで自由行動です6時間くらいあったので、
さっきトラムで見たアートセンターの方に歩いていくことにしました
ホテルマンの方が、ロビーでうろうろしていた私たちに声をかけてくれて、
行き方を教えてくれましたかっこいい人でした(笑)
ホテルからは歩いて20分くらいで着くことができました。

アートセンター

アートセンターには、お店がいくつか入っているのです。
1階でサンドウィッチのお昼ごはんを買いました
NZに着いて、ほとんど初英語だったから、緊張したぁ~~
お昼の時間を過ぎていたので、お腹が空いていて写真を撮り忘れました
美味しかったです
その後、2階のお店を見ました。手芸屋さんや本屋さん、アクセサリーショップがありました。
特に何も買わなかったのですが、本屋さんで絵本をチラッと見れて嬉しかった

それから、近くでひらかれていたフリーマーケットへ。
いろいろ可愛い品があって、母が天使のオーナメントを買いました
アートセンターの近くにあるアートギャラリー(無料)で芸術作品を見て~

ホテルに戻ることに
父は地理には自信があるので、違う道で帰ったりして楽しかった
信号がなかなか変わらなくて面白かったし気がつくと、もう夕方になりました
18:45 ホテルのロビーに集合し、バスへ。

他のホテルにも回り、20人くらいで地元のレストラン(ブッフェ)へ
ホテルは温かかったのですが、バスがすっごく寒かった
バスの中とは言え、エンジンをつけてすぐは寒いので、防寒をぜひ!
たしか、人がいないときにはエンジンをつけないようにと決まっていると
ガイドさんが教えてくれたような・・・?

そんなこんなで、レストランへ。アイスクリームもあって美味しかった~
白ワインも有名ということで飲みましたガイドさんが注文してくれました
帰りは、バスの運転手さんが迎えに来てくれました
とってもフランクな方で笑顔が素敵でした鼻歌も歌っていましたよ
運転手さんを考えてみても、日本とは違いますよねぇ~

お部屋に帰って、今日の一日は終了です
やっぱり、ツアーだと食事が楽だなぁ~程よく自由行動があるのも楽しかったです

明日は、ニュージーランドで一番高い山、マウントクックに向かいます~~
<8月20日>

6:20
バスでマウントクックまで移動するため、朝早かった~~
そして、バスの中がとーーーっても寒かった
前日のガイドさんに言われていたので、温かくして正解でした

今日もガイドさんは同じ方で、道中いろいろな話をしていただきました

やっと朝日が出てきました!
日が出てきた~~

とてもきれいでした!(←クリック拡大)


朝日を背にしてバスは進んでいきます
途中で、一時間の朝食タイム和食セットの生卵が美味しかった~
景色はずっとこんな感じでした。
山~(←クリック拡大)

でも、この風景がすっごい癒されるんですたまに川を渡ったり。
羊たちもいっぱいいました~ニュージーランドの全人口<羊なんですって。

サザンアルプスが見えてきました本当にきれいだった~~
サザンアルプス(←クリック拡大)


そして、途中で善き羊飼いの教会に着きました。
犬の像もありました~
逆光でよりかっこよく


家族で撮った写真しかなかったのですが、雰囲気でも小さくて可愛い教会でした
善き羊飼いの教会

教会内の写真撮影は禁止でしたが、有料のポストカードがあったので、
教会内から見た風景のポストカードを選びました
ここで結婚式をする方もいるそうです素敵~~

この教会の向こう川にはこんなにキレイなテカポ湖があるんです
テカポ湖(←クリック拡大)

中に含まれている成分によって、見るたびに湖の色が違うんですって
とってもきれいな色で感動した~~~

12:00
マウントクック地区に到着ー
ホテルのレストランで、コース料理を食べました
3種類から選べたのですが、私はラビオリをチョイス美味しかった~
その後、ホテルの部屋に行ってびっくり~~~!!
マウントクックがよーーく見える部屋すごいキレイでした
マウントクック(←クリック拡大)

このマウントクックは、ニュージーランドで一番高い山
年の3分の2は雲に覆われているそうなのですが・・・この通り快晴
日差しがすごく眩しいくらいでしたガイドさんにも、マウントクックが見えるまで、
「テカポ湖では天気がよくても、マウントクックは違うということもあるので~」と
言っていて、「前日の方はマウントクックに来るのが4度目で、やっと
雲の間から頂上が見えたということで、喜んでいたんですけどね~
頂上が見えた=マウントクックが見えたと言われるくらいなんですよ!本当ですよ!(笑)」
とも言っていましただから、晴れていて本当に嬉しかった

それから、父と母はオプションを朝食のときに頼んでいたので、出発
それは・・・ヘリコプターに乗って雪の上を歩くというもの。私はヘリが怖いのでやめました
ヘリからの景色はこんな感じだったそうですこわーーい
ヘリコプターからの景色

乗っていたヘリコプターはこんな感じです。
雪の上にいる~~~!!地面はないらしいです。雪が固まった場所だそうです。
でも、2ショット写真も撮っていて、楽しかったみたいで良かったです
雪の上


父と母が帰ってくるまで、私はじーっとマウントクックを眺めていました。
すると、夕日がさしてよりキレイな色に
夕日で染まりました


そうそう。アメニティも可愛かったので、パチリ。
おしゃれ~


夕食まで時間があったので、母と一緒にホテルのお土産屋さんに
ポストカードや置物などのお土産を買いました
あと、NZの動物キウイのぬいぐるみも
ラブラブ

顔は創造にお任せします(笑)ちなみに、押すと「パッポ パッポ」と泣いて可愛いんです

夕食は、ホテルのレストランにて
おしゃれ~~なコース料理でした
NZで美味しいというラム肉をチョイスすっごい美味しかった
白ワインもまた飲んだのですが、ここのが一番美味しかったかなぁ~

夕食を楽しんだ後、少しだけ外に出ましたすっごい星がキレイで
マウントクック地区は自然公園みたいな敷地で、人が住んでいるところからは
離れているため、人工の光は泊まったホテルの光のみで、よく見えました

マウントクックの気配を感じながら、わくわくドキドキしつつ寝ました

(つづく)
今日は午前中は自由行動
マウントクック散策をすることにしました

登山家のヒラリーさんと写真をパチリ。マウントクックを見ています
登山家ヒラリーさん

ちなみに、矢印が泊まった場所です

まず、近くのお店に立ち寄って・・・サングラスを買いました
それが、すっごく日差しが強くて天気がいいのは嬉しいですが、
NZは紫外線が日本の5~10倍(?)なので、眩しいのです

そして、往復2時間で遊歩道を歩きます。
見ている景色はこんな感じです。↓今日もきれいだなぁ~~
今日も晴天!!(←クリック拡大)

NZの季節は冬なのですが、(南半球のため)
日差しもあるし、張り切って歩いたので、暑くなりました

歩いてきた道はこんな感じです。↓
歩いてきた道(←クリック拡大)


着いた場所はここ。けっこう歩いたなぁ~~
到着。(←クリック拡大)

散策コースはいくつかあるみたいでした。違う角度でもパチリ。
サングラスで決めポーズ(笑)

サングラス+帽子で怪しい感じ~(笑)

また来た道を引き返して、ホテルでチェックアウトを済ませます
ちょっとした出来事もありつつ、バスでクイーンズタウンを目指します
途中でサンドウィッチを食べたり、可愛い子羊を見たり。
生まれたばかり?の子羊

リンディス峠(←クリック拡大)


夕方、クイーンズタウンに到着~おしゃれなお部屋でした
おしゃれ~


夕食は、なぜかちがう国の料理をたっぷり食べました
2連泊するホテルでぐっすり休みました明日も早起きだなぁ~~

(つづく)
8月22日

5:30 今日も早起きです
ホテルのレストランでブッフェを6時に食べました
どれも美味しかったから、ゆっくりたっぷり食べたかった

そして、ロビーで集まってミルフォードサウンドに向かいます。
別のバスで他のツアーの方と一緒に行きます。

何時間だったかしら・・・片道5時間くらいかな?
途中で、ミラーレイクを見たり、きれいな景色を堪能して進みます。
ミラーレイク(←クリック拡大)

谷がすごい~~

こんな崖も見かけました


そうそう。前日、クイーンズタウンの街にバスから降りたときの話をします。
降りた瞬間、私の母が「!!!」と外国人の女性に声をかけたのです
英語が苦手な母に外国人の知り合いがいるのかと思って私はビックリ
実はその方、前々日のヘリコプターで一緒に乗っていた方だったそうです。
(Aさんと仮名で呼びますね)
Aさんは、最初は気分よさそうにヘリコプターに乗っていたのですが、
ヘリコプターが飛行場に帰るときになって静かになったそうなのです。
その変化に気がついた母は、言葉もなくAさんの手を握って、
アイコンタクトで彼女を勇気付けていたそうです。

そして、昨日、クイーンズタウンで再び出会ったときに、
Aさんは「私の娘に、とっても素敵な女性(私の母のこと)に会ったことを伝えたのよ~!!」
と言っていました
ヘリコプターには一人で乗っていたのですが、娘さんと旅行に来ていたようです。
母は英語でなんと言われているのかわかっていなかったのですが、
「うんうん」と笑顔で応えていて、改めて言葉じゃないもので通じるって素敵だなと感じました

それから、今日ミルフォードサウンドに行く途中でまたAさんにバッタリ会いました
Aさんも「わ~~!また会えて嬉しいわ!!運命を感じるわね!!」と言ってくれて、
(さすがに3度目ですし(笑))私の母と父と私の写真をご自分のカメラで撮ってくれました
私は私のカメラでその方と父母の3ショットを撮ることをお願いしました
素敵な出会いもあるものだなぁ~と思いました

そして、ミルフォードサウンド観光へ。
ミルフォードサウンドとは、フィヨルドランド国立公園にあるタスマン海の入り江です。
大きな遊覧船に乗って進みます。
すごくキレイだった~~最近だと、プラウ○のCMで映っています
ミルフォードサウンド(←クリック拡大)


そうそう!ここでもまた晴天多雨地域なので、またこちらも1年で考えると、
見れるほうが貴重なんですってとっても運がいい旅行でした
船内で昼食の和食弁当を食べて、船外で景色を楽しみました
和食弁当

癒されます~(←クリック拡大)

野生のアザラシも見れました!!何頭いるでしょう?

たしか浴びると長生きできる滝~~
滝に近づきます~~(←クリック拡大)

こちらには虹が☆(←クリック拡大)


きれいな景色に癒されて、またバスに乗ります
あ。そうだ。行きにも寄った場所があったのですが、帰りもそこで再び小休憩をしました。
テ・アナウ湖周辺です。

夕暮れどきの時間ということもあり、とーってもきれいな写真が撮れました
この写真が今回の旅の写真の中で私が一番好きな写真です
テ・アナウ湖(←クリック拡大)


そう。この小休憩でもAさんに出会ったのです
そのときも母は英語を分かっていない顔をしていたので、
私が分かるところを母に訳していたら、Aさんは私に話しかけてくれました(笑)
「あなたは英語分かるの?」と。だから、私は「ちょっと」と言いました
すると、娘さんの国のこと、Aさんの国のこと、これからの旅行について話してくださいました
明日の予定を聞くと、明日はお互いにちがう場所に行くことが分かったので、
Aさんとはその再会を最後にお別れしました
とてもフレンドリーで素敵な方だなって思いました
ちなみに、省きましたが、今日だけで3回出会ったので、父母は5回お会いしたことになります

夜は、テ・アナウのカフェで買ったサンドウィッチを食べました美味しかった

明日はNZの中で人口の多い北島に向かいます!

(つづく)
8月23日

今日は少し遅めの集合だったので、ゆっくりホテルの朝食バイキングを楽しみました
ちなみに、NZではマヌカハニーという蜂蜜が有名ですお土産にいいそうです。
ただ食用というよりは健康食品のような蜂蜜なんですって。

荷物の片づけをして、9:35 ホテルのロビーに集合。クイーンズタウンを出ます~

余裕を持って出発しているので、飛行機が出るまでに空港でサンドウィッチを買ったり、
本屋さんで時間をつぶしたりしました英字の本欲しかったなぁ~~迷った末、買わなかった

11:00 クイーンズタウン出発
12:45 オークランドに到着!

オークランドのガイドさんと出会い、バスで市内観光をします
サベージメモリアルパークに行きました。小高い丘のような場所にある公園です。
公園から見た風景です。
市内が見えます(←クリック拡大)

キラキラ(←クリック拡大)

家が可愛くて絵画みたい!(←クリック拡大)


オークランドは、昨日までいた南島とはちがいますね~。都会という感じがしました!
そして、ここでも晴れ女パワー全開(笑)前日まで雨だったんですって
今回は、行くところ行くところ晴れてたなぁ~

そして、免税店に寄ってから、市内で自由行動になりました。
ガイドさんお勧めのアイスクリームを食べたり、おみやげ物やさんを見たりして楽しみました
都会という感じです

スカイタワー東京タワーみたいなタワー

お店が多いので、観光客も多いなぁ~と思いました。

夜はハーバーサイドの素敵なレストランでラム肉を食べました
店内も素敵な雰囲気でした

お部屋の設備が整っていたので、パチリ。使ってないんですけどね
キッチン


そして、明日はついに帰るだけです
お土産もいろいろ買ったし、スーツケースにきれいに詰めるのが楽しかった

(つづく)
8月24日

今日はついに最終日!そして、また朝が早い早い
それでも、起きてご飯を食べないと気持ちが悪くなるので、昨日、朝用に買ったパンを食べます

旅の中で一番早い5:30ロビー集合でしたまだ外が暗い中、バスで飛行場まで進みます

飛行場には余裕をもって到着ー
8:30 オークランド発
飛行機の中では映画を見て楽しみました
帰りの飛行機は外国人の客室乗務員の方しかいなかったけれど、優しくて良かった

(約11時間10分)

16:40 成田空港着。





<全体の感想>
本当に行って良かったなぁ~とっても楽しかったです
私はどちらかと言うと、南島の のんびりとした自然を見ることにとっても癒されました
よかったなぁ~。自然天気にも恵まれて最高でした

私は写真を撮るのが好きなので、景色をたくさん撮れたのも嬉しかったなぁ
あと、写真を見てみると、面白いくらいに父と母の2ショットが多かったです
母用にもたくさんプリントをして、思い出のつまったアルバムが2冊出来ました

それに、横2人席のバスの中で、私はいつも一人だったのも思い出です(笑)
通路を挟んで座っていたので、すぐ話かけることはできたのですが、
景色に夢中だったし、ガイドさんの話を聞いていたので気にならなかったのですけど
傍から見たら変な親子だったんだろうなぁ~(笑)夫婦がラブラブで1人娘がカメラマン
でも、3人で素敵な思い出ができたことが一番良かった楽しかったなぁ、本当

ニュージーランド、住みたくなるくらいに素敵な国でした

長い旅行記を読んでいただいてありがとうございました!
少しでもニュージーランドに行きたいって思ってもらえたら嬉しいです
ニュージーランド、本当に良かったです
今日、荷物の準備を始めました
アメリカのときと微妙に持ち物が変わっているので、
私の持ち物メモを載せますね

◎手荷物品◎
前日までに用意:
□パスポート □現金 □手作りしおり □保険証書 □日程表
□旅行会社のしおり □機内用靴下 □風邪薬 □頭痛薬 □下痢止め 
□デジカメ(□デジカメ電池 □SDカード □ストラップ) □メガネケース 
□ハンカチ □ティッシュ □ウエッティ □スリッパ □ネックレスト □のど飴
□ボールペン、サインペン、メモ紙 □マスク  □記録用ノート □機内用袋 □お財布 
□ジップロック(ミニ化粧水、ミニ乳液、目薬2つ、ハンドクリーム、リップ、コンタクト)
□シュシュ □レシート用薄ケース □電卓 □パスポートのコピー

当日に用意:
□携帯、充電器 □ニット帽 □手袋 □マフラー 
□化粧品(ファンデなど) □スーツケースの鍵 


◎スーツケース◎
前日までに用意:
□爪きり □剃刀 □ミルククレンジング □マスカラビューラー □コンタクト予備
□洗浄液 □タオル □ボディタオル □ハンドタオル(5日分) □歯磨きセット
□パジャマ □小さな袋 □水 □アルファ米ご飯 □ジップロック □ブランケット
□予備袋 □ホッカイロ □足用カイロ □のり □ミニハサミ □折りたたみ傘 
□変換プラグ □デジカメ充電器 

当日に用意:
□化粧水 □乳液 □お風呂セットの入ったポーチ □くし 


と。こんな感じです~

前回、アメリカ用のメモで感じたのは、前日にいれる分と当日の朝いれる分の区別をしたり、
まとめてチェックするのではなく、細かくチェックできるようにしたほうが使いやすいということ。

あと、飛行機に乗るときの液体物の持込に関しても、ジップロックにいれるものを
家を出る時点でまとめていたほうが楽
だということも学びました

それから、飛行機に乗ったときに座席には最小の物だけを持って座れるように
小さめのカバン、または袋があると便利だなぁ~って思います
たとえば、アイマスクとかネックレストとか、しおりとか。
座席に座ったら、上に入れた荷物を取るのって面倒ですもんねぇ~
かといって、荷物を座席の足元に手荷物を置いていたら、狭いし・・・
最小限、座席で必要になるものを・・・まぁ、手荷物が小さければ関係ないですね?

ちなみに、「レシート用薄ケース」の説明をしますと、
記録用ノートにレシートを貼りたいのと、レシートを入れて財布がかさばるのがイヤなので、
きれいに保存するために、使うケースです~あとで、清算をしたい方にはお勧めです
それに、美術館などのしおりもいれます
そのままカバンにいれるより、薄いケースがあるだけでキレイ度が違いますよ~
そのケースの説明のために、調べたら「天チャックケース」と呼ぶみたい
知らなかった~まぁ、旅行会社で日程表が入っているケースです
これにパスポートはいれないほうがいいみたいですねたしかに透けてるしね

そうそう。今回も手作りしおりを作りました
ハンガリーはフォリント、スロバキアはスロヴェンカ・コルナ、
オーストリアはユーロ、チェコはコルナと、各国によって通貨が違うので、
円ではいくらくらいかを書いたり~
簡単な挨拶を書いたり~その国のおススメのお土産を書いたり~
フリータイムで行きたいところをまとめたりしてみました
冊子に印刷するのが大変だったぁまぁ、自己満です

ある程度の荷物はスーツケースに詰めたので、あとは最終確認と
現地で使うお金の予算を決めること・・・そして、何より風邪をひかないことですね

明日は、一人暮らしの友達の家にお泊り~
風邪をひかないように楽しんできますっ


あぁ~当日、出発までの間、成田空港での日本食を食べるのが楽しみです(笑)
昨日書いた荷物の中にいれる手作りしおりの製本ができたので、UPします。

表紙はこんな感じ。

大きいサイズだと、かさばるので、B5の半分のサイズです
ちょうどいいサイズでカバンにもすっぽり

中身はこんな感じです
中の一部を

ユーロがだいたい円にするといくらかとか、
その地の言葉での挨拶(こんにちは、ありがとう)とか、
良さそうなお土産とそのだいたいの値段とか、

中身その2

自由行動のときに行きたい建物やお店のこととか、
バスや電車の乗り方とか注意点とかをまとめてみました
地下鉄は、切符を買わないで入ることができるそうですが、切符をチェックする人がいるそうです!
また、切符を持っていても、改札のようなところの箱で、日付を刻印しないと、
切符を持っているだけでは無効で、即罰金だそうです気をつけないと

このしおりが出来たのも、インターネット上にUPされている旅行記や
質問のページがあるからこそです
本当に細かいことを書いていただいて助かります
中欧のガイドブックに載っていそうなこと、載っていないような細かいことも
知ることができて、とても参考になりました
電車に乗るのが不安ですが、写真を載せているHPがあって本当に分かりやすかった
私も分かりやすく旅行記を書ければいいなぁ~と思います

ただでさえ、ペラペラでない英語力が少し不安ですが、
英語が通じないところもあるみたい・・・ボディランゲージで通じるかなぁ?
その辺も旅行記に書けるような体験ができるといいなと思います
今日は、ツアーで一緒に行動してくれる添乗員さんから携帯に電話がかかりました
通知が携帯の番号だったので、しばらく出るのためらってました
当日のことやロストバッゲージ(乗換えがあるのですが、その乗り換えのときに
預けたスーツケースの行方がわからなくなることみたいです)の可能性も考えて、
機内持ち込み手荷物の中に1泊分の用意をしておくといいという話、
現地は寒いので防寒をしっかりすること、ツアーで回るお店はユーロが使えるので、
成田空港で円からユーロに変えておくと便利なことなどを聞きました
電話越しで、感じの良さが伝わってきたので、お会いするのが楽しみです



今日は、スーツケースの中身をもう一度眺めてみました
・・・大きいスーツケースなのですが(たしか7キロ?)・・・
当日の朝準備する分を考えると、全体の8分の7が埋まりそう

お土産買えないじゃーんということで、NZ用に買った両親の
大きな圧縮袋を借りることにしました~(実は、私の圧縮袋を1つ、
NZ帰りに両親に貸したんですが、行方不明家のどこかにあるはずなんだけど。)
で、こんな感じになりました~!
スーツケース

スーツケースの中を公開するのは恥ずかしいけど、参考までに

右下の大きな緑色の袋が圧縮袋。1日目、ホテルに着いたらあける分です
つまり・・・パジャマ(長袖、トレーナー、フリース、裏地つきのあったかジャージ)に
翌朝着る予定の長袖タートル、厚手のセーター、ジーンズ、靴下、
そして、つぶれた切ない感じのミッ○ーのブランケットがつまってます
圧縮すれば、嵩が減るもんだなぁ~
たぶん、これらを圧縮しないと、スーツケース半分=この写真の全部になると思います!
圧縮すると、どうしてもしわになるので、しわが目立つような服は別にしたほうがいいですね

その左上の圧縮袋には、また次の日に着る分のセーターらが入っています。
やっぱり、圧縮する回数を減らしたほうが楽なので、(圧縮って慣れるまで一苦労
その日の服装だけをいれたほうがいいですね

ちなみに、私は、洋服をいれる段階で表を作ります(笑)
下着まで決めているので、ここにUPはできないのですが、
まぁ、「○日に身に着ける物すべて」を表にして書くのです
特に今回は寒い。けど、荷物は減らしたい・・・とかなり考えました
この日は自由行動で、外ばかりだし・・・とかツアーのイメージをしてね
そして、その表を参考にしながら、荷造りをすると楽ですね
この日用にこれとこれをセットにしておけばイイとすぐ分かります

あと、緑の圧縮袋の左にある隙間には、細かいもの(私でしたらコンタクトの洗浄液とか靴下)を
詰めて、なるべく中身が動かないようにしたいですねぇ

なんか細かいことをグダグダ書いてすみません

スーツケースのもう一つの側も参考までに。
スーツケース2

わ、分かりにくい(笑)左の方に黒地に緑の点々があるのが分かります?
それがスーツケースの中の柄です。靴下とかを圧縮していないので、
だいたい半分くらいスペースをあけることができました
これでお土産が買える~~
あ。こっそり、私の好きなご飯も入っています。アメリカにも持っていったものです~。
水またはお湯をいれて待てば、美味しいご飯になります
中欧の初日は夜、ホテルに着くだけなので、買いました

気になった方がいるかもしれないので、ミッ○ーブランケットの袋には
ホッカイロが大量に入っています
ちなみに、ホテルの布団って温かみがなくて眠りづらいので、ブランケットを持っていきます
このブランケットのやわらかさにけっこう癒されて、眠りやすいんです

そうそう!スーツケースは伸ばして引く棒がついている側に荷物をたくさん敷き詰めたほうが
安定するし、崩れにくいですよ斜めに傾けて引っぱりますからね
それを覚えておけば、あけるときに少しでも軽いほうを持ち上げることであけられます
って、当たり前のことかもしれませんが、一応書いておきます



あと、何か書こうと思ったのですが、スーツケースのことでいっぱいになってしまいました
明日また更新するかもしれません~お楽しみに
スーツケースがなくなる可能性も考えて、
機内持ち込み手荷物にいろいろ入れていたら、カバンが破裂しそう
あってほしくないけど、準備万端
あとは明日の朝使ったものをちょこっと入れれば、出発ですっ

緊張して眠れないかもしれないけど、寝るぞう~~
早起き久しぶりだから・・・できるかしら

では、いってきま~す帰国日は27日です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。