DLR・NZ・中欧・WDW旅行記

カリフォルニアのディズニーランド・リゾート、ニュージーランドに行ってきたSHOKOが春休みに中欧(ハンガリー、チェコ、スロバキア、オーストリア)、WDWに行きます!それまでの計画の独り言とか旅行記とかをお楽しみください♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず、私とゆーちゃんは、中欧に行く予定はなかったので、驚きです
ドイ○に行きたくって卒業旅行プランを探していました

1月の中ごろ、旅行代理店である程度下調べをしておいて、具体的にあいているか
ドイ○のプランをしらべてもらいました。でも、そのプランだと2月の2週目くらいに出発。
調べてもらった日から一ヶ月前をきっているということで、
ホテルとか飛行機とかを調べてみないと行けるか分からない・・・ということでした。
催行は決定しているのですが、手配の都合で一回締め切った感じでして。
でも、もし行きたいなら頼んで、飛行機・ホテルが取れれば参加できるのです。
ただ、ヨーロッパとの交信なので、あいているか分かるのが、1週間かかると言われ・・・
どうしようか~?と悩んだんです。

で、ミスター○ーナッツで旅行のチラシをパラパラ見ていたら・・・
「オーストリアとか、チェコとかいいねぇ
「じゃあ、そっちで!」(笑)

さんざん「ドイ○~」って言ってたのにねぇ
ドイ○は、また行きたくなりそうだなって思ったのですよ!シンデレラ城は見たいし!
でも、中欧に興味が沸いたのは、今かなって
翌日、旅行代理店に電話をしたところ、中欧のプラン・・・一つだけとれそう

急いで、ゆーちゃんに連絡~「2月の後半なんだけど・・・」
(ゆーちゃんの事情で2月の前半に行きたかったのですが、
ゆーちゃんに無理を言って、後半だけど予約することに

ドイ○について教えてくださった方が言うには、ヨーロッパは1ヶ月前あたりに
予約を一時とめるそうなのです。だから、その日決めないと・・・
と少し焦って決めた気もするけれど、でも、旅行ブログを見たら、より行きたくなった

ツアーなのですが、ウィーンとプラハでフリータイムがたっぷりあるので、
いろいろ調べていきたいと思いますっ
スポンサーサイト
今日、荷物の準備を始めました
アメリカのときと微妙に持ち物が変わっているので、
私の持ち物メモを載せますね

◎手荷物品◎
前日までに用意:
□パスポート □現金 □手作りしおり □保険証書 □日程表
□旅行会社のしおり □機内用靴下 □風邪薬 □頭痛薬 □下痢止め 
□デジカメ(□デジカメ電池 □SDカード □ストラップ) □メガネケース 
□ハンカチ □ティッシュ □ウエッティ □スリッパ □ネックレスト □のど飴
□ボールペン、サインペン、メモ紙 □マスク  □記録用ノート □機内用袋 □お財布 
□ジップロック(ミニ化粧水、ミニ乳液、目薬2つ、ハンドクリーム、リップ、コンタクト)
□シュシュ □レシート用薄ケース □電卓 □パスポートのコピー

当日に用意:
□携帯、充電器 □ニット帽 □手袋 □マフラー 
□化粧品(ファンデなど) □スーツケースの鍵 


◎スーツケース◎
前日までに用意:
□爪きり □剃刀 □ミルククレンジング □マスカラビューラー □コンタクト予備
□洗浄液 □タオル □ボディタオル □ハンドタオル(5日分) □歯磨きセット
□パジャマ □小さな袋 □水 □アルファ米ご飯 □ジップロック □ブランケット
□予備袋 □ホッカイロ □足用カイロ □のり □ミニハサミ □折りたたみ傘 
□変換プラグ □デジカメ充電器 

当日に用意:
□化粧水 □乳液 □お風呂セットの入ったポーチ □くし 


と。こんな感じです~

前回、アメリカ用のメモで感じたのは、前日にいれる分と当日の朝いれる分の区別をしたり、
まとめてチェックするのではなく、細かくチェックできるようにしたほうが使いやすいということ。

あと、飛行機に乗るときの液体物の持込に関しても、ジップロックにいれるものを
家を出る時点でまとめていたほうが楽
だということも学びました

それから、飛行機に乗ったときに座席には最小の物だけを持って座れるように
小さめのカバン、または袋があると便利だなぁ~って思います
たとえば、アイマスクとかネックレストとか、しおりとか。
座席に座ったら、上に入れた荷物を取るのって面倒ですもんねぇ~
かといって、荷物を座席の足元に手荷物を置いていたら、狭いし・・・
最小限、座席で必要になるものを・・・まぁ、手荷物が小さければ関係ないですね?

ちなみに、「レシート用薄ケース」の説明をしますと、
記録用ノートにレシートを貼りたいのと、レシートを入れて財布がかさばるのがイヤなので、
きれいに保存するために、使うケースです~あとで、清算をしたい方にはお勧めです
それに、美術館などのしおりもいれます
そのままカバンにいれるより、薄いケースがあるだけでキレイ度が違いますよ~
そのケースの説明のために、調べたら「天チャックケース」と呼ぶみたい
知らなかった~まぁ、旅行会社で日程表が入っているケースです
これにパスポートはいれないほうがいいみたいですねたしかに透けてるしね

そうそう。今回も手作りしおりを作りました
ハンガリーはフォリント、スロバキアはスロヴェンカ・コルナ、
オーストリアはユーロ、チェコはコルナと、各国によって通貨が違うので、
円ではいくらくらいかを書いたり~
簡単な挨拶を書いたり~その国のおススメのお土産を書いたり~
フリータイムで行きたいところをまとめたりしてみました
冊子に印刷するのが大変だったぁまぁ、自己満です

ある程度の荷物はスーツケースに詰めたので、あとは最終確認と
現地で使うお金の予算を決めること・・・そして、何より風邪をひかないことですね

明日は、一人暮らしの友達の家にお泊り~
風邪をひかないように楽しんできますっ


あぁ~当日、出発までの間、成田空港での日本食を食べるのが楽しみです(笑)
昨日書いた荷物の中にいれる手作りしおりの製本ができたので、UPします。

表紙はこんな感じ。

大きいサイズだと、かさばるので、B5の半分のサイズです
ちょうどいいサイズでカバンにもすっぽり

中身はこんな感じです
中の一部を

ユーロがだいたい円にするといくらかとか、
その地の言葉での挨拶(こんにちは、ありがとう)とか、
良さそうなお土産とそのだいたいの値段とか、

中身その2

自由行動のときに行きたい建物やお店のこととか、
バスや電車の乗り方とか注意点とかをまとめてみました
地下鉄は、切符を買わないで入ることができるそうですが、切符をチェックする人がいるそうです!
また、切符を持っていても、改札のようなところの箱で、日付を刻印しないと、
切符を持っているだけでは無効で、即罰金だそうです気をつけないと

このしおりが出来たのも、インターネット上にUPされている旅行記や
質問のページがあるからこそです
本当に細かいことを書いていただいて助かります
中欧のガイドブックに載っていそうなこと、載っていないような細かいことも
知ることができて、とても参考になりました
電車に乗るのが不安ですが、写真を載せているHPがあって本当に分かりやすかった
私も分かりやすく旅行記を書ければいいなぁ~と思います

ただでさえ、ペラペラでない英語力が少し不安ですが、
英語が通じないところもあるみたい・・・ボディランゲージで通じるかなぁ?
その辺も旅行記に書けるような体験ができるといいなと思います
今日は、ツアーで一緒に行動してくれる添乗員さんから携帯に電話がかかりました
通知が携帯の番号だったので、しばらく出るのためらってました
当日のことやロストバッゲージ(乗換えがあるのですが、その乗り換えのときに
預けたスーツケースの行方がわからなくなることみたいです)の可能性も考えて、
機内持ち込み手荷物の中に1泊分の用意をしておくといいという話、
現地は寒いので防寒をしっかりすること、ツアーで回るお店はユーロが使えるので、
成田空港で円からユーロに変えておくと便利なことなどを聞きました
電話越しで、感じの良さが伝わってきたので、お会いするのが楽しみです



今日は、スーツケースの中身をもう一度眺めてみました
・・・大きいスーツケースなのですが(たしか7キロ?)・・・
当日の朝準備する分を考えると、全体の8分の7が埋まりそう

お土産買えないじゃーんということで、NZ用に買った両親の
大きな圧縮袋を借りることにしました~(実は、私の圧縮袋を1つ、
NZ帰りに両親に貸したんですが、行方不明家のどこかにあるはずなんだけど。)
で、こんな感じになりました~!
スーツケース

スーツケースの中を公開するのは恥ずかしいけど、参考までに

右下の大きな緑色の袋が圧縮袋。1日目、ホテルに着いたらあける分です
つまり・・・パジャマ(長袖、トレーナー、フリース、裏地つきのあったかジャージ)に
翌朝着る予定の長袖タートル、厚手のセーター、ジーンズ、靴下、
そして、つぶれた切ない感じのミッ○ーのブランケットがつまってます
圧縮すれば、嵩が減るもんだなぁ~
たぶん、これらを圧縮しないと、スーツケース半分=この写真の全部になると思います!
圧縮すると、どうしてもしわになるので、しわが目立つような服は別にしたほうがいいですね

その左上の圧縮袋には、また次の日に着る分のセーターらが入っています。
やっぱり、圧縮する回数を減らしたほうが楽なので、(圧縮って慣れるまで一苦労
その日の服装だけをいれたほうがいいですね

ちなみに、私は、洋服をいれる段階で表を作ります(笑)
下着まで決めているので、ここにUPはできないのですが、
まぁ、「○日に身に着ける物すべて」を表にして書くのです
特に今回は寒い。けど、荷物は減らしたい・・・とかなり考えました
この日は自由行動で、外ばかりだし・・・とかツアーのイメージをしてね
そして、その表を参考にしながら、荷造りをすると楽ですね
この日用にこれとこれをセットにしておけばイイとすぐ分かります

あと、緑の圧縮袋の左にある隙間には、細かいもの(私でしたらコンタクトの洗浄液とか靴下)を
詰めて、なるべく中身が動かないようにしたいですねぇ

なんか細かいことをグダグダ書いてすみません

スーツケースのもう一つの側も参考までに。
スーツケース2

わ、分かりにくい(笑)左の方に黒地に緑の点々があるのが分かります?
それがスーツケースの中の柄です。靴下とかを圧縮していないので、
だいたい半分くらいスペースをあけることができました
これでお土産が買える~~
あ。こっそり、私の好きなご飯も入っています。アメリカにも持っていったものです~。
水またはお湯をいれて待てば、美味しいご飯になります
中欧の初日は夜、ホテルに着くだけなので、買いました

気になった方がいるかもしれないので、ミッ○ーブランケットの袋には
ホッカイロが大量に入っています
ちなみに、ホテルの布団って温かみがなくて眠りづらいので、ブランケットを持っていきます
このブランケットのやわらかさにけっこう癒されて、眠りやすいんです

そうそう!スーツケースは伸ばして引く棒がついている側に荷物をたくさん敷き詰めたほうが
安定するし、崩れにくいですよ斜めに傾けて引っぱりますからね
それを覚えておけば、あけるときに少しでも軽いほうを持ち上げることであけられます
って、当たり前のことかもしれませんが、一応書いておきます



あと、何か書こうと思ったのですが、スーツケースのことでいっぱいになってしまいました
明日また更新するかもしれません~お楽しみに
スーツケースがなくなる可能性も考えて、
機内持ち込み手荷物にいろいろ入れていたら、カバンが破裂しそう
あってほしくないけど、準備万端
あとは明日の朝使ったものをちょこっと入れれば、出発ですっ

緊張して眠れないかもしれないけど、寝るぞう~~
早起き久しぶりだから・・・できるかしら

では、いってきま~す帰国日は27日です
<1日目>
(日本→ロンドン経由→ハンガリー)

朝はわりと早起きをして、当日入れるものを準備して、おにぎりを食べて出発
最寄駅からバスで成田空港まで向かいました
バスの中では寝る予定が、アニメの話が盛り上がって、結局起きてました

<10時ごろ> 成田空港に到着
両替所を迷いながら探し、やっと見つけて、お小遣い分をユーロに両替。
ユーロじゃない国もありますが、その国ではユーロを現地で両替することにしました。
そして、今回の旅でずっと一緒の添乗員さんに会って、スーツケースを預けます。

手荷物・身体検査のときにピーっと鳴って焦る靴も脱いで通ったらOKでした
出国手続きもして、飛行機に乗るゲートに向かいます。
そろそろ早起きの軽い朝食で、お腹が空いてきました
友達のゆーちゃんにチョコをもらって凌ぎますビターで美味しかった

<13時> 搭乗開始。4列シートの通路側に座らせてもらったので、何度も
席を立つことができました長旅だから、足を動かさないとね

それにしても、後ろの人のマナーが許せなかった
前の座席に足を置かないで欲しいどんどん振動が伝わってきて、寝られない
飛行機の座席って、テーブルを出し入れするだけでも振動がすごいのに、
足を何度も何度も動かして・・・人のことも考えてくださーーーい
同じツアーの人だったので、文句も言わずに耐えましたよ

まぁ、グチはこの辺にして・・・ご飯は美味しくて、パクパク食べましたよ
ご飯たち


映画は「レ○ーのおいしいレストラン」とか
「ボーン・ア○ティメイタム」とか「ビー・○ービー」とかを見ました
寝たのは1時間だったかしら

もうすぐロンドン!


少し遅れて、<17時30分>ロンドンに到着ここで乗り換えをします。
でも、もう次の飛行機の出発時刻みんなで競歩の移動でした

ロンドン発のとき、外の景色を見ることができたのですが、すーーーっごくキレイでした
お腹があまり空いていないけど、機内食のサンドウィッチを食べて、ウトウト
サンドウィッチ


<夜9時すぎ>ハンガリーのブタペストに着きました
空港で10ユーロを両替します。

そして、ここからネガティブなお話を。
・・・飛行機からスーツケースは出てきませんでした
あんなに必死に1日1日の服装とかを考えたのに。全部無意味となるなんて・・・
ロンドンのヒー○ロー空港はロスバゲ(荷物がどこかに行くこと)で有名な空港なんですって。
旅行会社の人は知っていたのに、かつ、ギリギリの乗り換え時間のツアーを・・・。

沈んだ空気のままバスでホテルまで向かいます
バスの中では明日のガイドをしてくださる方がもう乗ってくれていました
日本語ぺらぺらなハンガリー人の方でした。ドライバーさんは最終日まで一緒のJさんです

ホテルにはシャンプー&ボディソープがあったので良かったのですが、
パジャマがないのって着る洋服がないこと以上に辛いってことがよく分かりました
ベランダ付の2階の部屋に緊張して、よく眠れずに、1日目の夜は過ぎていきました・・・
<2日目・前編>
(ハンガリーとスロバキア観光→オーストリア泊)

<6:30> モーニングコール 準備をしてバイキングで朝食を食べます。

<8:00> バスに乗って出発
英雄広場で、現地ガイドさんの説明を聞きます外は思っていたよりも寒くなくて、良かった
英雄広場


アートギャラリーと国立西洋美術館が両サイドにありました。
美術館


バスに乗って、マーチャーシュ教会へ。中にも入りました
静かな雰囲気がとても心地よくて、ずっといたいと思える場所でした
聖イシュトバーン大聖堂

きれいな円形です

厳かな雰囲気でした


それから、ツアーにある免税店に行き、ハンガリー刺繍のお土産を買いました
これが、すっごい可愛いんですまとめて写真を撮ったところから切り抜き
ハンガリー刺繍

一つひとつ手作りで、大きさもコースターサイズからカーテンサイズまでさまざま
柄もいろいろあって、どれにしようか迷いましたもう一つくらい買いたかったなぁ

再びバスに乗り、ドナウ川を有名なくさり橋の上から渡ります
くさり橋


聖イシュトバーン大聖堂に入ります。
外観のモザイクがとてもキレイでしたが、中のステンドグラスや小さな階段がとても素敵でした
工事中だったのが残念。

中も素敵


近くには有名な漁夫の砦もありますバイオリンの演奏を聴きました
漁夫の砦

ここは景色がとても良くて、素敵でした~ハンガリーのブタペスト市内を見下ろすことが出来ます
対岸には国会議事堂もありました。曇りの天気でしたが、曇りでも素敵な景色でした
右の真ん中の辺りの建物です。


それから、バスに乗って、市内のレストランへ
ハンガリーの国民的料理
肉と野菜をパプリカ風味で煮込んだシチュー「グヤーシュ」を食べました
いい写真がないので、イメージしてほしいのですが、「真っ赤なスープ」です
程よく辛くて、私は好きな味でしたよ~

そして、バススロバキアに向かいます
<2日目・後編>
(スロバキアのブラチスラバ市観光→オーストリアのウィーンへ)

昼食を食べた後、バスでスロバキアへ向かいます
不思議な色の空


ブラチスラバ市内観光を現地ガイドさんの英語を添乗員さんが日本語に訳しながら進みます。
ブラチスラバ城は予習していた通り、テーブルを逆さにしたような不思議な形でした
ブラチスラバ城

中は四角くくりぬかれてちょっとした庭のようなスペースがあり、入ることが出来ました。

お城の近くにもドナウ川が見えます。とても広々とした景色が広がっていて素敵でした
ドナウ川


そして、バスで少し移動をして、バスを降りて徒歩観光をします
景色


ミハエル門を通ると、足元に見慣れた文字も
ミハエル門の門番? TOKYO


旧市庁舎も見て、モーツァルトが初めて演奏した場所聖マルティン教会などをまわります。
演奏した場所

聖マルティン教会


あと、有名な銅像たちも見ましたよ~!
ナポレオンらしいです

題「パパラッチ」

この銅像がもたれているお店の名前も「パパラッチ」でしたよ

それから、ガイドさんとはお別れをして、再びバスに乗って・・・
とってもキレイだった夕日


オーストリア ウィーンのホテルに向かいます!
一回部屋に入って、ゆっくりしてからホテルのレストランへ
コース料理でたっぷりご飯を食べることが出来ましたメインはタンドリーチキンです。
コース


スーツケースはまだロンドンと聞いて、かなり凹みましたが、考えていても仕方がないので、
お風呂に入って日記を書いて寝ました
今日は一日、ウィーン市内観光です

7:30 ホテルのレストランで朝食。頭が痛くてあまり食欲がなかった
8:30 ツアーのバスに乗り込んで、出発15分ほどして、大型スーパーに寄ります。
スーツケースが届かないので、運転手さんが、日用品を買う時間を提案してくれたのです。
必要なものを買って、観光に向かいます

ツアーのバスでシェーンブルン宮殿に到着!!
シェーンブルン宮殿

写真を見て分かるように、今日は暑いくらいのいい天気~でした風は強かったけど
宮殿内を現地の日本人ガイドさんに案内してもらいながら巡りました。
マリーアントワネットの母、マリア・テレジアの夏の離宮というだけあり、部屋は豪華絢爛でした
有田焼や黒の漆塗りの部屋などもありましたよ!でも、私は中よりも外の方が好きでした
中庭

遠くに見えるこの建物に行くにはけっこう時間がかかると、どなたかの旅行記で読みました。
そのような時間はなかった私たちですが、ゆっくりと歩いて行ってみたかったなぁ~~!

それから、免税店に寄ります。私はその間に、ガイドさんに教えてもらった近くの郵便局に寄り道
旅行の記念に切手が欲しかったのですガラスケースにある切手を指差して、
1枚ずつ買うことができましたお店の人も人がいなかったので、ゆっくり丁寧に対応してくれて
ガラスケースにはたくさんの切手があって、どれにしようかかなり迷ったのに、嫌な一つ顔せず
親切な方だったから、予定よりもたくさん選んじゃいました

その後、ツアーのバスでベルベデーレ宮殿に向かいました。
ベルベデーレ宮殿

ガイドさんの話を聞きながら、さらにこの門をくぐります。
裏にありました

庭園からは、観光場所として有名なウィーンの森が見える・・・とのことでしたが、どれかしら?
写真の左の方?違っているかもしれません・・・
景色


それから、昼食にオーストリア風 仔牛のカツレツ ウインナーシュニッケルを食べました
ウインナーシュニッケル

生クリームのたくさんのったアイスシュペンナーも飲みました美味しかった

そして、ツアーバスでオペラ座の前に向かいます。
有名なオペラ座


そこでバスを降りて、午後からずっと自由行動です
あらかじめ、どこに行きたいかお互いにあったので、地図を見ながら歩きます
オペラ座の右にあるショップを覗いてから、ケルントナー通り
思っていたよりも大きな通りで、人がいっぱいでした大道芸の人も何人かいました!
本屋さんには行きたいと思っていたので、2箇所くらい本屋を見つけては寄り道楽しい~~

モザイク屋根が素敵なシュテファン寺院にも寄りました
シュテファン寺院

写真で見るよりもとても荘厳で、歴史を感じる建築物で感動しました
中はステンドグラスもキレイでした。展望台もあるみたいでしたが、時間を考えて諦めました
建物の横には馬がいました~~!
馬~


そして、裏までぐるっと回ってみると「BUCH」の文字が
ケルントナー通りでの学習で、ドイツ語の「BUCH」は日本語「本」ということが分かっていました
本屋さん

だから、このお店を見てすぐに本屋さんと分かりました
このお店はインターネットで地下1階が児童書の本屋さんということを調べていたのです。
お土産に現地の絵本を何冊か買いたいなと思っていたので、もちろん、中に入ることにしました
た、楽しい!!!!!日本でおなじみの話があったりして、見ていて飽きませんでした
日本の本屋さんにも何時間でもいれる私たちなので、こちらの児童書の部屋には・・・
時間も忘れて、1時間いました(笑)もちろん、予定外です楽しかった~~
飛び出す絵本とか仕掛け絵本とかキャラ絵本とか、いろいろありましたが、
「オオカミと七匹の子ヤギ」や「クルテック」というモグラのキャラクターの絵本を購入しました

それから、また違う通りに向かいます。
通りの風景はこんな感じ。

ゆーちゃんの行きたかった楽譜店を目指します。ゆーちゃんの頭の中の地図で到着しました!
楽譜店

しかし、13時までのオープンでした残念~~。私も楽譜見たかったなぁ・・・

てくてく歩いて、王宮の間を通って~
たしか王宮


ツアーバスの中から見た国会議事堂をどうしても撮りたくてパシャリ。白いスロープが素敵です!
国会議事堂


近くの売店で今日の夕飯用にパンとジュースを買います
おもしろい現地のおじさんと話しをしたりもしました(笑)フランクな人だったなぁ~!
途中、少し歩き続けで疲れたのでベンチで休憩もしました
歩けない距離じゃないのですが、けっこう距離があったんですよ
有名なモーツァルト像も見ましたよ
モーツァルト像

バックに写真を撮りたかったのですが、人がいっぱいいたのと、時間がなかったので、
さくさくっと写真を撮って歩きます。

道路をはさんだ反対側にマリア・テレジア像もありました。ズームで荒い画質ですみません。
マリア・テレジア

あとは、少し歩いて・・・ヨハン・シュトラウス二世の像も見に行きました。
ヨハン・シュトラウス二世

ゆーちゃんは音楽に詳しいので、彼が「ワルツの王」、
彼の父ヨハン・シュトラウスが「ワルツの父」と呼ばれることを教えてもらいました!

ウィーン市内の看板もたくさん撮りましたが、日本では見ないようなものをぺたり。
自転車用

日本よりも歩道が広いところが多く、また、自転車専用の道も線で引かれているのはいい!
右の画像は渡っていいときは足をあげて、自転車を漕ぐポーズです。珍しく感じます!
灰皿?タバコ型がかわいいです。


それから、お昼にチケットを取りに行った楽友協会のオーケストラコンサートへ
ライトアップが素敵~!!

私たちが聴いたコンサートの指揮者はこの方↓、
2007年のニューイヤーコンサートの方だったそうです。
この方

コンサート会場は始まるまでは撮影OK!素敵な会場でした!
楽友協会

立見席だったので、安く買うことができましたが、正装してゆっくりと座って聴いてみたかったなぁ
迫力とか音色に感動しながら聴きました
コンサートはやっぱり、ウィーンに来たって感じがして、行って良かったです

帰りは、特に夜使うということで不安だった市電(地下鉄)も日本と同じような雰囲気でした。
学校帰りの人や通勤帰りの人が使っている感じでした。
途中から、郊外に向かうトラム(路面電車)では、人が減ってきて少しドキドキしましたが、
ツアーの人と一緒だったのもあって、無事安全にホテルに帰宅できました

コンサートでおそくなったのですが、夕食は夕方に買ったパンをぱくり。
夕食♪

甘そうかなと思いましたが、程よい甘さでした美味しかった
そして、お風呂に入って就寝
7:30朝食 ヨーグルトが美味しかったです
朝食

8:00出発のどかな景色が広がっていて、バスの中からのんびーり見てました。
途中休憩の場所では運転手さんと2ショットを撮りました

そして、着きましたチェスキークロムロフへ~
どこを見ても絵になる街でした1992年に世界文化遺産に認定されたのです。
素敵な景色!
可愛い窓1
可愛い窓2

そして、昼食の時間~!マス料理・スープ・アップルジュース
マス料理ちょっと小さめの画像にしました(笑)
ビール♪昼なのでビールはやめておきました

お腹がいっぱいになったところで、観光を始めます~!
壁の模様がすごい!
この町の壁はこんな模様が多かった~!これ、手書きなんですよ!
どこだっけ?どこかの国に出かけた人がその国にかぶれてこの模様を持ち込んだのだとか。
今でも時を刻みます。
歴史的にいろいろある町ですが、今も時を刻んで、鐘の音がなります
TVで見たのですが、手動で鐘が鳴るように紐を巻いているのだとか。すごいなぁ
バラの紋章
マンホールも細かいです。

そして、お城
入り口
近づいてきました
お城入り口の看板
アート?
日時計
壁に囲まれた空間
冬の間は観光客はお城の中に入ることが出来ないので、お城の通路だけを通ったのだけれど、
上から見る景色は最高でしたパンフレット通りの眺め
上から見た景色

そして、お城から出ると、時間まで自由行動です
別の出入り口から
看板が可愛いのでパシャパシャ写真を撮りました
クルテック
ピノキオ
靴になっててかわいい!!
小道がたくさん
小さな道がたくさんあって、気になった本屋や小さなおもちゃ屋さん、CDショップなどを
覗いて楽しみましたやっぱり、クルテックのキーホルダー買えばよかった~

さっき行ったお城の通路
15:00 バスに戻って、プラハへ向かいます

18:10ホテルに到着~!
そして・・・今まで乗り換え地でとまっていたスーツケースがやっと届きました
せっかくなので、夕食のためにコンタクトをして、洋服を着替えました
着替えられるって幸せだ・・・
チェコビールを飲みました♪
夕食はまたチキンのカツレツとスープとケーキでした
そして、チェコビールを飲みましたとってもおいしくて飲みやすかった

今日は食事のときにツアーメンバーの人とたくさん話せて楽しかった
着替え、洗顔ができて朝から嬉しかったです(笑)
まぁ、だいぶ何もない生活に慣れてきていたところでしたが・・・

8:00 朝食 ゆっくりしてしまったので、ギリギリになったけれど、いろいろとってみました
今日の朝食

8:30 出発
バスで今日はモルダウ川などを眺めつつ、ハンガリーからずっと一緒だったドライバーさんとは
もうこの時点でお別れ!今日はプラハ城からずーっと徒歩の観光です

プラハ城逆光で難しかった・・
プラハ城
プラハ城入り口
この兵隊さんたちは1時間交代なんだとか。話をしたらいけないって大変なお仕事です
国旗があると・・・国旗があがっていたら王様がいるってことなんですって~。

聖ヴィート教会の中にも入ります
聖ヴィート教会
ステンドグラス

ミュシャ
こちらでは有名なミュシャのステンドグラスもありました二人の人の一生が描かれているのだとか。

銀の・・・
小さなお部屋
外へ

それから、黄金の小路を通って~フランツカフカの家もみました。
カフカの家
その後、25分ほどの自由時間があったので、黄金の小路のお店を一つひとつ見てまわりました
可愛い小物がたくさんでしたが、ハートがモチーフのブックマークを買うことにしました
お店の人も優しくて素敵な方でした分かりやすく話してくれたし

10:30 再集合し、展望台から景色を見ました
上からの景色

それから、歩いてカレル橋へ。
↓触ると願いが叶うレリーフに触ってきました!
カレル橋
↓日本人のイメージが分かる像
カレル橋の像

カレル橋はチェコの中でもスリがとても多いと聞いていたので、ドキドキしながら渡りました
カレル橋
渡るときは緊張しすぎて写真が撮れなかったので、橋を渡りきってからパシャリ
右上に写っているのがプラハ城です。

そして、わざとくねくね曲がっていて迷わせるために作った一本道、カレル通りを通って
旧市街広場の時計台へ向かいます。途中でチェコで有名なマリオネット劇場もありました。
マリオネット劇場
カレル通りの道はマリオネットが売っているお店がたくさんありましたよ。

そして、時計台へ。
時計台
時計台正面鳴ってるところは残念ながら見れませんでした。
火薬塔雰囲気がある曇り空でした。

それから、お昼にクネドリーキ(チェコ風蒸しパン)を食べました
クネドリーキ
お昼を食べ終えると、朝から一緒だったガイドさんと別れて自由行動です!
お土産を安くたくさん買うためにインターネットで調べていたTESCOという大型スーパーに向かいます。
ガラス窓がきれいでした~!
スーパーの写真も撮っておけばよかったなぁ~!
で、スーパーではウエハースとかお菓子をたくさん買いました
トイレも有料!初めて有料トイレを利用しました。トイレの前にお金を払う人がいて変な感じでした。

そして、本屋さん巡りへ出発スリにあわないようにドキドキしながら
1軒目の本屋さん:三匹のコブタの絵本を友達用に買いました。
2軒目の本屋さん:怪しかったのか、店員さんにジロジロ見られてすぐ出ました(笑)
途中でマックでシェイクを飲んで休憩
3軒目の本屋さん:ガイドさんに教えてもらった大きな本屋さんを駐車場のおじさんに聞いて、
や~っと見つけました!クルテックの塗り絵とか、豚のシールとかを買いました
絵本見るの楽しかった~~ゆーちゃんもじっくり選んで買っていました。
本屋さんの前の通り

国立オペラ座
博物館
夕日がきれいになってきたところで、地下鉄に乗って帰ることにしました
ホテルまでは少し遠かったけれど、スリにもあわず、大丈夫でした

ホテルからの眺め
ホテルでま~ったりしてたのに、喉が渇いてきたので、近くのスーパーへ・・・
スーパーと思っていたら、ホームセンターでした(笑)
自動販売機があって、飲み物を買おうと思ったら、コルナがなかった
ゆーちゃんにほとんどおごってもらっちゃいましたありがとう

それから、ホテルに戻って、ハンガリーに着いたその日に食べる予定だった即席ご飯を食べてゆっくり
TVでは前に日本で見たことのある日本の番組を見ました

明日はついに帰国。
長いような早いような7日間の旅ももう少しで終わります。せつない・・・
ついに最終日。
7:00 モーニングコール おきてすぐ準備しました
昨日の夜、スーツケースは整理していたので、準備が楽でした。

7:45~8:00 ゆっくり朝食
朝食
リンゴにヨーグルトを大量に入れて食べました

9:00 出発~!またスーツケースが届かないと嫌なので、お土産は手荷物にしました。
搭乗手続きをした後、免税店で最終お土産を買って、ロンドンまでの短いフライト。
機内食1

ロンドンで乗り換えると、10時間強のフライトです
機内食2
ライスヨーグルトは食べられなかったけど、他は美味しかったです
機内食3
2回の機内食は2回とも食欲旺盛でしたアメリカのときと違って、体調崩さなくて良かった~

11:30 成田着。長かった~!!映画を見ながら、ウトウトして、6時間ぐっすり眠ったので、
けっこうスッキリでした日本ではスーツケースにすぐ会えました

ゆーちゃんと空港内のスタバに寄って、バスで帰宅しました




<感想>
スーツケースが何日も届かないってことはとっても残念だったけど、
スーツケースがなくても旅が続けられるってことがよーく分かりました(笑)
今となっては笑い話だもんね。
でもまぁ、天気にも恵まれて、とても素敵な景色とか出会いとかがあってとてもいい旅でした。
中欧に行くことができてよかったなぁ~!
ゆーちゃんと旅行できたことも気が楽で、とっても楽チンだったしね
本屋さんに何時間でも一緒にいれる相手ってそういないし・・・
またゆーちゃんと海外に行きたいなぁ次こそはドイツとか?(笑)

もっとたくさんの景色とか人と出会いたいなって思える旅になりました。

<お土産>
お土産1
①友達へのお土産としてウエハースをTESCOにて大量購入!美味しかったって♪
②母へのお土産として、紙ナプキンです。可愛い柄がありました。
③ハンガリー刺繍のお土産。机に飾っています。
④TESCOで買ったお菓子。美味しかった~!もっと買えばよかった!
⑤スーパーで買ったチョコレート。
⑥オオカミと7匹の子ヤギの絵本です。
⑦クルテックの小さな絵本。読めなくてもストーリーが分かりやすい!
⑧なんだか表情にひかれたシール♪
⑨友達にあげた3匹のコブタの絵本。絵が可愛い!
⑩クルテックの薄い絵本。これまた優しいクルテック。
⑪クルテックの塗り絵です。クルテックって優しい。

お土産2
⑫購入した切手です。もっと買えばよかった~!
⑬ハートのブックマークです。手作り感が可愛い。
⑭コンサートのチケット
⑮地下鉄の券です
あとはハガキをいろいろと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。